« 腰にきた | トップページ | 10年前のこの時 »

2010年11月 2日 (火)

伴侶

久しぶりに前日の疲労感が色濃く残っている。

あれだけ激しくやれば当然か・・・。ザバスを飲み忘れたのも痛い。

特に昨日書いた腰・・・実際は腰では無く、脇腹と背中の間の筋肉が痛んでおり結構しんどい一日となった。こんな日にベンチプレスを始め、上半身のウェイトトレーニングの日が当たってしまい、背中が攣りそうになった。

昨日の練習の事を思い出し、下手なくせにワーワーギャーギャーうるさい自分にも反省したし、物理的に考えればそう簡単にやられるはずがない条件なのに、何でやられたのか ・・・攻撃面でもっとやり方があったのでは・・・と色々考えてしまった。

まあこうやってPDCA=PLAN(計画)→DO(実行)→CHECK(評価)→ACT(改善)していって人は成長するもの。運よく、今日のジムの帰り際にコーチと話がする機会があり、自分なりに何でやられたのか自分なりの感想を伝えることができた。

卓上ではやられずはずがない条件で、現場では実際にやられている・・・技術やフィジカルだけではない差が確かにあり、何だかわからないけど違和感がある。まだまだそこにたどり着くには時間がかかるだろうけど、そういうところでの勝負が出来るようになりたいなと。

フットサルの事はこれくらいで・・・チラチラ書いているけど明後日は10回目の結婚記念日。

ちょくちょくフットサル会場に顔を見せるので、うちの妻子を見た事がある人は結構いると思う。子供が小さいのでここ数年で結婚したんだ、と思っている人が大半かも知れないけど、今から10年前の2000年11月3日に式を挙げた。Y2Kなんてあったあの年です。

miura@8 23歳2カ月の出来事。

※@14も確か今年結婚10周年なハズ。おめでとうございます。

今、23歳くらいの人を見ていて、結婚しますという話を聞いたら早すぎるでしょ!と突っ込みたくなるけど、その当時の僕は全然迷いとか早すぎるなぁとかいう思考が一切無かった。

昔、スキーで知り合った尊敬する人生の先輩に「結婚するメリットって何?」と聞かれてちょっと考えた。

①.好きだから一緒にいたい
②.社会的な信用を高める
③.相手のステータス(地位、金)
④.詐欺

自分は100%①だけど(突っ込まないように!)、②・③という人も少なくないはず。特に年齢的に結婚しなければならないという意識でする見合いは②に分類されると思う。③は勝手なイメージだけど女性に多い気が・・・玉の輿というやつですか。

僕の場合、五井と横浜という関係で遠距離とは言えない微妙な距離感だけど毎週会おうと思ったらしんどい距離だったので、それも早くに決断した理由の一つだけど・・・

自分にとってこの人以外はあり得ない、この人以外と一緒にいる姿が想像できない、早々とわかった事が一番大きかったかな。

その見極めに一点の曇りもなく、スキーも切磋琢磨しながら一緒に取り組めて楽しい時間になったし、本当は一緒にやりたいけど、フットサルに関しても良き理解者でいてくれる。

フットサル仲間には「・・・さすがに殺される」「・・・それはさすがにヤキを入れられる」と勝手に怖いイメージを植え付けているけど、実は全然そんな事は無い人です。

寝言といびきと歯ぎしりだけは勘弁してほしいけど・・・

出会いもひょんな事で何人かの女性を迎えに行ったんだけど、当時MR2だった僕は一人しか乗せられず、その時に乗せたのが今の嫁さんで、北海道からこっちに来て実質初めて出会った女性がそんな人だったので、超ラッキーだったなぁと。

結婚は勢いというけども、いかに早くその人との将来像が描けるかの見極めができるかどうか。結局、自分の直感に頼るしか無いかな。でもその時の好きという感情だけを最優先すると痛い目を見るのかも知れません。

先人の言葉で10年もすれば夫婦は空気のような存在になるというものがあるけど、今のところ毎日とても楽しいのでそんなことは無いよと言えます

« 腰にきた | トップページ | 10年前のこの時 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伴侶:

« 腰にきた | トップページ | 10年前のこの時 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

WEED Official WEB

WEED@6 BLOG

秋葉信秀オフィシャルサイト

ペラーダサッカースクール

Sports Community

無料ブログはココログ
フォト